30万円あったら・・・あれ買いたい!

あともう少しお金があればあちらを購入できたのに、
こんな悩みはやや高額な買い物をする際に多く
見られます。

 

特に30万円ほどの価格差の代表例としてはガソリン車
とハイブリッド車が挙げられ、同一車種でも双方では
およそ30万円ほどの価格差になる場合があるのです。

 

例えばトヨタのカローラフィルダーではHYBRIDグレード
の希望小売価格はおよそ219万円であるのに対し、
ガソリン車の1.5Gグレードではおよそ192万円になり、
どちらにすべきかは大いに悩むのです。

 

ではこの車を例に挙げて30万円ほどを予算に追加した
場合にどのようなメリットがあるのでしょうか。やはりメリットとして大きいのは性能に圧倒的な差が
ある点で、その後の車の維持費を大きく削減する事に繋がります。

 

スポンサードリンク

 

まず燃費性能で言えばHYBRIDグレードの場合はガソリン1リットルあたり33.8kmまで走行する
ことができ、一方でガソリン車の1.5Gグレードでは23kmに留まります。

 

ハイブリッド車の走行距離はおよそ32%伸びますので、これは後々のガソリン代に大きく関わって
くるのです。

 

またハイブリッド車の場合は税金や保険でも優遇されますので、数年単位で考えれば数十万円
の大きな価格差はあっという間にペイして、それ以降の維持費も安く抑え続ける事が可能です。

 

このように車で例えた場合の30万円の価格差は、その金額以上のおおきなメリットを生む事になり
ますので、購入時にはキャッシングを利用して足りない分を調達しても充分に元が取れます。

 

スポンサードリンク

30万円あったら記事一覧

ロードバイクに熱中してくるとよりスピードを追求すると共に、車体やパーツにも費用を掛けることもあります。また通勤や通学などの普段使いで走行するだけでなく、全国で開催されているレースへの出場も考えるようになるとさらに出費も多くなるのですが、30万円前後のお金を借りて購入したい場合にどのような車体がお勧めとして挙げられるのでしょうか。この30万円前後の価格帯はロードバイクにおいては一つの目標や目安として...

中古車の購入の際に、30万円のお金を借りて充分に走る事ができる車を手にする事はできるのでしょうか。車については人それぞれで求める所は異なりますが、乗りつぶしたり当面の足として利用する程度など、セカンドもしくはサードカーを求める場合にはこの30万円程度の予算で車の購入を考える事もあるのです。では中古車店で購入する際に、この価格帯で充分に走る車を探す際にはどのような点に注意しながら探すと良いのでしょう...